METRO

  • JP
  • EN

こたつコード

冬の楽しいこたつライフは、コードの安全から。
メトロ電気工業は業界のリーディングカンパニーとして、細部に至るまでケア&サポート。
こたつのプロが考え抜いた、安心構造です。

業界シェアNo.1

安心・安全・信頼のコード

製品一覧

こたつコード

こたつコード ご使用方法

1.器具用プラグをヒーターのプラグ受けに確実に差し込んでください。

2.コード吊り用穴にコードフックを掛けてください。

  • ●こたつ本体の脚受け金具のコード吊り用穴などにコードフックを必ず掛けてご使用ください。
  • ●コードがたるんだり、引っ張りすぎている場合は、コード位置を調節してください。

3.電源プラグをコンセントに差し込んでください。

  • ●コンセントは適正配線された専用のものを使用してください。

❶ 温度調節ボタン

ヒーターの温度を調節します。ボタンを押すごとに設定温度が上がります。

❷ 速暖ボタン

こたつ内部を素早く暖めることができます。 ボタンを押すと目盛り「強」の状態で5分間運転します。 5分経過すると自動的にもとの設定温度に戻ります。

❸ ECOボタン

目盛「強」でボタンを押すと、消費電力を約15%節電できます。

❹ 電源ボタン

電源の「入」「切」を行います。

1.器具用プラグをヒーターのプラグ受けに確実に差し込んでください。

2.コード吊り用穴にコードフックを掛けてください。

  • ●こたつ本体の脚受け金具のコード吊り用穴などにコードフックを必ず掛けてご使用ください。
  • ●コードがたるんだり、引っ張りすぎている場合は、コード位置を調節してください。

3.電源プラグをコンセントに差し込んでください。

  • ●コンセントは適正配線された専用のものを使用してください。

お好みの温度に合わせるとき

○電源を入れる。温度調節ダイヤルで電源の入り切りを行います。 ○目盛りが「切」以外の位置では電源が入った状態になり、電源ランプが点灯します。 ○温度調節は温度調節ダイヤルを使います。 ○温度調節は目盛りの「弱」から「強」まで無段階で可能です。 ○50Hz地域は目盛り「弱」でも熱い場合があります。その場合はの間でお使いください。

切りタイマーについて

○切り忘れ防止のため、5時間後自動的に電源が切れます。自動切りタイマーは電源を切ると、それまでの経過時間がリセットされます。引きつづきご使用される時は一旦スイッチを「切」にしてから電源を入れ直してください。

ご使用後や外出されるとき

○温度調節ダイヤルを「カチッ」という音がするまで右に回してください。
  • ❶温度調節ダイヤルを右いっぱいまで回す。
  • ❷目盛りが「切」になったことを確認する。
  • ❸電源ランプが「消えた」ことを確認する。
○目盛りが「切」の位置に戻り、電源ランプが消えたことを確認してください。 ○コンセントから電源プラグを抜いてください。

1.器具用プラグをヒーターのプラグ受けに確実に差し込んでください。

2.コード吊り用穴にコードフックを掛けてください。

  • ●こたつ本体の脚受け金具のコード吊り用穴などにコードフックを必ず掛けてご使用ください。
  • ●コードがたるんだり、引っ張りすぎている場合は、コード位置を調節してください。

3.電源プラグをコンセントに差し込んでください。

  • ●コンセントは適正配線された専用のものを使用してください。

お好みの温度に合わせるとき

○電源を入れる。温度調節ダイヤルで電源の入り切りを行います。 ○目盛りが「切」以外の位置では電源が入った状態になり、電源ランプが点灯します。 ○温度調節は温度調節ダイヤルを使います。 ○温度調節は目盛りの「弱」から「強」まで無段階で可能です。 ○50Hz地域は目盛り「弱」でも熱い場合があります。その場合はの間でお使いください。

ご使用後や外出されるとき

○温度調節ダイヤルを「カチッ」という音がするまで右に回してください。
  • ❶温度調節ダイヤルを右いっぱいまで回す。
  • ❷目盛りが「切」になったことを確認する。
  • ❸電源ランプが「消えた」ことを確認する。
○目盛りが「切」の位置に戻り、電源ランプが消えたことを確認してください。 ○コンセントから電源プラグを抜いてください。

1.器具用プラグをヒーターのプラグ受けに確実に差し込んでください。

2.コード吊り用穴にコードフックを掛けてください。

  • ●こたつ本体の脚受け金具のコード吊り用穴などにコードフックを必ず掛けてご使用ください。
  • ●コードがたるんだり、引っ張りすぎている場合は、コード位置を調節してください。

3.電源プラグをコンセントに差し込んでください。

  • ●コンセントは適正配線された専用のものを使用してください。

お好みの温度に合わせるとき

○電源スイッチで入り切りを行います。 ○温度調節は温度調節ツマミを使います。 ○温度調節は目盛りの「弱」から「強」まで無段階で可能です。

ご使用後や外出されるとき

○電源スイッチを「切」にしてください。 ○コンセントから電源プラグを抜いてください。

警告

  • こたつ用コードを

    ●傷つけない ●引っ張らない ●無理に曲げない ●束ねて使わない ●重いものを載せない ●加工しない ●ねじらない ●固定しない(損傷、感電、火災の原因となります) ●傷んだコードやプラグは使わない(感電、ショート、発火の原因となります) ●濡れた手でプラグを抜き差ししない(感電の原因となります)
  • 断線

    コードを動かすとついたり消えたりする場合は、内部の芯線が断線しています。
    火災の原因となりますので、使用しないでください。
  • 電流は、交流100Vで15A以上単独でご使用ください。
    他の器具と併用すると分岐コンセント部が異常発熱し、発火することがあります。