METRO

  • JP
  • EN

ORANGEHEAR®

The future built on the past 時を越える華麗なるDNA

ORANGEHEAT種類

赤外線ランプヒーターには「面状」「棒状」「セラミック封入形」「石英管封入形」など様々な種類があり、「鉄クロム線」「ニクロム線」「タングステン線」「カーボン」などのフィラメント(直接ジュール熱を発生する抵抗体)の温度放射で発生する赤外線を利用したものがあります。

その中でも、メトロ電気工業が開発、製造をしている赤外線ランプヒーターのオレンジヒート®は、高純度カーボンの薄板を独自技術でフィラメントに加工し、不活性ガスと共に石英管に封入したカーボンヒーターです。カーボンは放射率が80%以上で抵抗値が負特性のため電源投入時に突入電流が流れません。また、カーボンフィラメントは不活性ガス内で通電されるので高温時でも酸化焼損が少なく長寿命で1,300℃まで設計が可能な高効率でハイパワーな赤外線ランプヒーターです。

  • オレンジヒート®カーボンフィラメント 非通電時 オレンジヒート®カーボンフィラメント 非通電時
  • オレンジヒート®カーボンフィラメント 通電時 オレンジヒート®カーボンフィラメント 通電時

オレンジヒート®は、棒状やセラミック封入形の赤外線ヒーターと比べ外郭の質量が小さく、しかもフィラメントが外郭にほとんど接触していないので温度レスポンスに優れ数秒で最高温度に達します。

外郭の高純度石英管は膨張係数が鉄の1/20程度と小さいので点灯中に水を掛けても破損しません。さらに石英管の二重管構造とし熱効率が低減することなく機械的強度を増強しています。

  • オレンジヒート採用例
  • オレンジヒート採用例
  • オレンジヒート採用例
  • オレンジヒート採用例

Made in Japan

驚異の高効率・ハイパワーで“ガス燃焼式”から“電気加熱”へ

フィラメントに放射率の優れたカーボンを使用したオレンジヒート®は、放射される赤外線のピーク波長が中赤外線領域に属します。これは水に吸収されやすい波長領域であり暖房用だけでなく様々な分野に応用が可能です。

例えば、塗装乾燥や食品乾燥にも最適であり設備の小型化、省エネ、温度調節、安全性などに大きなメリットがあります。

高温加熱にはガス式、電気式に限らず多くの分野で炉を用いた加熱方式が多くあります。しかし、この方式は炉材や空間の予備過熱に時間とエネルギーを費やし加熱効率低下の大きな要因となっています。また、設備が大型化し温度制御の応答性も悪く職場環境の悪化にも影響します。一方、オレンジヒート®では赤外線が被加熱物に直接吸収されて発熱するので「炉」を用いなくても効率よく加熱でき数秒で立ち上がるので予熱の必要もなく温度の自動調節も容易です。さらに、燃焼に必要な酸素は要らず二酸化炭素の発生もないので換気の必要がありません。

高出力、高効率なオレンジヒート®は、ワット密度(単位面積当たりの消費電力)300kW/m2まで設計可能ですので、焼く、炙る、蒸す、茹でる、煎る、揚げるなどのガス燃焼方式が多い食品加工分野でも充分対応可能なパワーを発揮できます。

平成27年度省エネ大賞

金型の予備加熱をガス燃焼方式から「赤外線ヒーター式 HIGH POWER金型加熱器」による電気加熱で可能にしました。

これにより、平成27年度 省エネ大賞(省エネ事例部門)で資源エネルギー庁長官賞を受賞しました。(テーマ:鋳造工場における赤外線ヒーター式加熱器の導入による省エネ・省力化)

この受賞により、省エネ性だけでなく、加熱時間短縮、均一加熱、温度制御が容易、安全性向上、作業環境の改善、金型メンテナンスの低減、製品不良率の低減、設置が容易、CO2削減など大きな効果が実証されました。

ORANGEHEAT®

このマークは、メトロ電気工業株式会社が製造、販売をする

オレンジヒート®(高効率・ハイパワー赤外線ランプヒーター)を象徴するシンボルマークです。

高効率・高性能・高出力「オレンジヒート®」を詳しく知っていただくために