METRO

  • JP
  • EN

熱を知り、熱を操る。

今までに無かったモノを創る、生み出せる「電球の技術」。
私たちは、これらの技術を基礎とした商品とその応用商品の開発に努めております。
加熱の目的に最適な熱源を設計し組み合わせる。
これこそが私たちの強みです。

常識からの脱却

電気加熱はハイパワーの時代へ 炉内加熱(熱対流)方式からオープンエアー(熱放射加熱)方式にチェンジ

炉内温度を上げてから加熱する間接加熱より、熱放射による直接加熱が効果的です。炉の予熱が必要なく省エネです。
従来の電気ヒーター(シーズヒーター、セラミックヒーター)はワット密度(単位面積当たりの消費電力)が50kw/m2程度と低いため、炉を造りその炉内の雰囲気温度で加熱する必要がありました。
熱放射加熱方式はピュアタンヒーター®からの光放射(赤外線)が直接、被加熱物に吸収され発熱します。したがって、炉も必要なく温度レスポンスにも優れているのできめ細かな温度制御が容易で大きな省エネ効果を実現できます。北風の中でも焚き火や日向ぼっこで暖かく感じるのはこの原理です。

設計の自由度

炭火のような優しい光が即暖と遠赤効果を生み、家庭用から業務用まで、幅広く対応します。

  • 定格電圧12V以上、定格消費電力最大5,000Wまで製造できます。 ※設計発熱長及び色温度によります。
  • フィラメント温度最大1,300℃、長さ最大3mまで製造できます。

設計の自由度

  • カーボンフィラメントのスリット加工の調整で温度分布を変化させることができます。(配熱加工)
    例えば、中央部のワット密度を下げ、両端部のワット密度を上げ、温度分布をより均一化できます。

配熱加工イメージ 配熱加工イメージ

  • 直管形のほか、丸形、U字形、L字形、馬蹄形なども製造できます。 ※L字形以外は、単管に限ります。
  • 管形バリエーション
  • 管形バリエーション
  • 管形バリエーション
  • 管形バリエーション
  • 管形バリエーション
  • 管形バリエーション
  • 管形バリエーション
  • リード線引き出し方向は、単管ではダブルエンド(両端)
    二重管ではダブルエンドとシングルエンド(一方向)で製造できます。
  • 単管 ダブルエンド単管 ダブルエンド
  • 二重管 シングルエンド二重管 シングルエンド
  • 二重管 ダブルエンド二重管 ダブルエンド

ミラヒーター®(反射板内蔵形二重管ヒーター)の特長

ミラヒーター®は、特許技術で製造した片面加熱に適した「高効率」「省エネヒーター」です。

  • 外付け反射板が要らないので、シンプルな器具設計が可能です。
  • 酸化や埃などの汚れの心配がないので、反射効率が長期間安定します。
  • ヒーター付近の空気の流れが良くなり、器具の温度上昇を低減します。
  • シングルエンド(片側からリード線引き出し)設計のため、配線やメンテナンスが容易です。
  • 外管はØ28、肉厚1.5mmの石英管のため内管を保護し水が掛かっても割れず、機械的強度も増大します。

ミラヒーター® ミラヒーター®

  • L字形タイプはリード線引き出し部を液面から出すことができますので、油や水中でも使用できます。
  • リード線タイプとソケットタイプがあります。
  • L字形 L字形
  • 水平リード線タイプ 水平リード線タイプ
  • 水平ピンタイプ 水平ピンタイプ
  • 垂直ピンタイプ 垂直ピンタイプ
  • 配光特性
    • ※配光はヒーターから1mの距離の照度を代用。
  • 管壁温度比較
    • ※水平方向で点灯し、石英管の管璧温度を熱電対で測定。